お仕事検索 マイページログイン お問い合わせ エントリー

SPECIFIED SKILLED WORKER

特定技能外国⼈就労⽀援

外国人材で事業の可能性を広げる

新たな在留資格「特定技能」が施行され、外国人材の雇用がさまざまな業界で注目されています。一方、外国人雇用がはじめての企業様はいろいろな不安を抱えています。
小田急プラネットは、人材サービスおよび登録支援機関として即戦力の外国人材を採用から就労後までサポートいたします。
人材不足にお悩みの企業様へ、外国人雇用を安心かつ簡単に。事業の可能性を広げるお手伝いをいたします。

メリット

MERIT

01

頼れる即戦力人材

「特定技能」分野は介護、建設、外食など14業種。人材不足にお困りの企業様も優秀な人材を確保する選択肢を増やし、将来の人材難に備えることができます。

02

初めての諸手続きも安心

在留資格変更申請や支援計画策定など、出入国在留管理局や関係省庁への書類作成から、特定技能人材の雇用に必要な義務的支援を委託していただくことが可能です。

03

ネイティブ相談員が支援

特定技能人材が安心して就業・生活できるよう、言語・文化・しくみを理解したネイティブ相談員が丁寧にサポートします。

特定技能登録支援サービス

HOW IT WORKS

■新たな在留資格「特定技能」とは?深刻な人手不足の状況に対応するため、一定の専門性・技能を有し、即戦力となる外国人を受け入れる特定技能制度が2019年から施行されました。特定産業分野は14業種に及び、人手不足に悩む産業が受け入れ可能になっています。

■仕組み特定技能登録支援機関(19登-001753)である小田急プラネットが、法定された支援業務を貴社に代わって実施します。

受けられるサポート
1.入国前ガイダンス
2.空港アテンド
3.住宅情報提供/ライフライン確認
4.生活オリエンテーション/情報提供
5.生活上の相談/アドバイス
6.交流会の企画運営
7.転職活動サポート
8.定期的面談

■「特定技能人材」就労までの流れ・ご相談/ヒアリング
・人材オーダー
・候補者(特定技能試験合格者)の面接
・内定/雇用契約締結
・在留資格申請(出入国在留管理庁・関係省庁)
・入社・就労開始(支援業務)

■特定技能と技能実習制度との違い両制度の違いについての質問を多くいただきます。
特定技能人材の場合、つぎのような利点があります。
・一定技能水準の人材を確保できる
・長期間にわたる育成・雇用ができる
・義務的支援を登録支援機関に委託できる

■その他の外国人材サービス・生活支援業務(研修、面接、通訳)
・外国人留学生への支援活動

事例

CASE STUDY

深刻な人手不足の解消に特定技能人材の雇用を決断

慢性的な人材不足と従業員の高齢化に悩んでいたが、求人票を出しても採用につながらず、特定技能外国人の雇用を決断。
不安だった諸手続や支援業務も万全のサポートがあるので、安心・簡単に特定技能人材を就労監理しています。
今では、貴重な戦力として活躍し、事業継続に不可欠な人材になっています。

業種
建設業
企業名
建設会社【神奈川県】
導入サービス
特定技能「建設分野_土工」人材の就労支援

導⼊背景・課題

事業継続のために人材を確保したい

外国人雇用に関する情報不足や負担感から採用を躊躇されている企業様に対して、採用から就業後までをトータルサポートします。
経験職種や取得資格など企業様のご要望に合致した人材をご紹介いたします。

外国人材に関心はあるが不安もある

特に不安の声が多い在留資格変更申請や特定技能人材への義務的支援についてのご説明をはじめ、技能実習生と特定技能制度の違い、監理費用などについてもご相談に応じます。はじめて外国人雇用する企業様にも安心してご利用いただけます。

導⼊後の成果

即戦力人材で事業が活性化

特定技能合格者は相当程度の知識・技能水準を有しています。さらに最近は技能実習2号修了から特定技能への移行者も増えています。
即戦力が期待できる優秀な人材を確保するには今が好機です。

人材監理を丁寧にサポート

企業様と外国人材のマッチングから就労後まで万全のサポート。初めて受け入れる企業様に対しても、悩みや不安をお聞きし、ご相談に応じながらしっかり支援いたします。
また、外国人材本人に対してはネイティブ相談員が就業・生活のサポートします。